上級ウェブ解析士 認定講座

ウェブ解析を軸としたウェブ解析スキルを身につけ、上級ウェブ解析士として活躍しませんか?

データに基づく計画立案、モバイルの測定、 ソーシャルメディアの効果検証などウェブ解析だけにとどまらないウェブ解析コンサルティングとして必要なスキルが、体系的に学べるカリキュラムです。

ウェブ解析の限界と上級ウェブ解析士が学ぶこと

上級ウェブ解析士講座を受講する前に

上級ウェブ解析士講座の内容と事前課題について、以下の動画をご覧ください。

上級ウェブ解析士認定講座概要

2017年度上級ウェブ解析士講座のカリキュラム(2日間で開催)

日程 概要
事前課題 コンセプトワーク
コンセプトダイアグラム
事前課題として、DAY1受講前に事前動画を見た上でコンセプトワークとコンセプトダイアグラムを修了し、採点できる状態にあることが必須となります。
DAY1 1. コンセプトワーク ブルーオーシャンを発見するためのビジネスフレームワーク「コンセプトワーク」で受講生同士のコンセプトを定めるワークショップ
2. 計画立案 コンセプトワークで定めたビジネスゴールを達成するために、イーコーマス、リードジェネレーション、メディア、サポートそれぞれの達成計画を算出する演習
3. コンセプトダイアグラム 事前課題のコンセプトダイアグラムを元に、ホワイトボードをつかってプレゼンテーションとコンサルティングのディスカッション
4. KPIと指標の設計 コンセプトダイアグラムによるステップ定義に基づく、高度なマーケティングテクノロジーの利用・設計手法の理解
中間課題 ウェブマーケティング計画書
ステップ定義
ウェブ解析の改善提案
ウェブ解析導入指示書
DAY2までに以下4種類のドキュメントを作成、準備します
・ビジネスゴールに基づくウェブマーケティング計画
・コンセプトダイアグラムを指標に落とし込むステップ定義
・マーケティングとウェブ解析の改善提案
・新規導入するウェブ解析ソリューションの指示書(自社解析のみ)
DAY2 5. 全体傾向の解析 コンサルティングするときに瞬時に問題発見するための基準値およびユーザ傾向やコンバージョン傾向の分析方法の習得とウェブマーケティング計画書に基づくコンサルティングのワークショップ
6. トラフィックの解析 広告を含めたチャネル別の課題発見とステップ定義に基づいたカスタマーアナリティクス視点での課題発見方法の学習。具体的解決手法の理解とステップ定義もとづくプレゼンのワークショップ
7. コンテンツの解析 ファネルにもとづくコンテンツの課題発見と改善手法。加重直帰率や離脱改善手法によるソート方法およびステップ定義によるカスタマーアナリティクス視点でのコンテンツ分析とレポート手法の理解。ウェブマーケティング計画書とウェブ解析設計に基づく改善提案の共有とプレゼンテーション
8. レポートの設計 レポート設計の考え方とフレームワークおよび時系列でのレポート運用体制の構築を共有。最後に修了レポートの要件を理解し、提出するレポートの内容を定めます。
最終課題 テスト 在宅で2週間以内にパソコンによる試験を受けます(40問60分)
修了レポート DAY2に提示された29ページのレポートから最低20ページを選び、条件にあったレポートを作成します。レポートは20ページを超えて作成することもできます。

ご自身で立案したペルソナ(ターゲットユーザ)に基づきデータ分析から具体的なソリューションの立案方法を学びます。

多くのマーケティングフレームワーク、ビジネスフレームワークを使いウェブにとどまらないお客様の経営課題にまで踏み込んだKPIの設計からデータに基づいた根拠のある提案をできるようになります。
※本内容は2017年の内容になります。2018年のカリキュラムは改定されます。 

上級ウェブ解析士講座の受講料

講座
86,400円(税込)
再試験
・再試験の場合、別途再受験費用が追加で必要となります。
・再試験(再受験)についての詳細は、Q&A(よくある質問と回答「上級講座」)及び「認定講座共通」をご参照ください。
会員
・ウェブ解析士協会 会員への入会は必須です。(年会費6,480円(税込))
・初年度(毎年1月~12月)は年会費無料となり、翌年度から年会費が発生します。
・2017年以降の会員制度については(2017年〜)ウェブ解析士協会 会員制度についてをご覧ください。
キャンセル
・講座受講キャンセルは1日目受講14日前までとなります。詳細は、ウェブ解析士講座・検定試験のキャンセルについてをご参照ください。

上級ウェブ解析士講座の申込み・受講方法の流れ

1.上級ウェブ解析士認定講座に申し込み

講座スケジュールより、ご都合の良い地域・日時で開催の上級ウェブ解析士講座にお申込みください。

上級ウェブ解析士受講条件

・ウェブ解析士協会正会員・法人会員のウェブ解析士認定者が対象です。
(非会員・ウェブ解析士合格者はウェブ解析士認定試験に合格し、ウェブ解析士協会会員になる必要があります)

・ウェブ解析士認定試験合格後に認定用のレポート提出が合格日より1ヶ月以内の期間中でも上級にお申込み、受講は可能です。

・講座は2日間の開催となります。

・講座は2日間とも1日約5時間で開催されます。

・Day2(2日目)講座後に、オンラインのパソコンで受験できるテスト(CBT)のアカウント(有効期限は2週間)を主催者から提供します。試験時間は60分です。

上級講座開催スケジュール・お申込みはこちら

2.事前学習用動画・事前課題(採点対象)

講座1日目の受講前に、事前学習用動画(約90分)を閲覧していただき事前課題に取り組んでいただきます。事前動画はウェブ解析士協会 正会員が閲覧できます。

vimeo_shimizu

  • 事前課題はウェブ解析士協会独自のフレームワーク「コンセプトワーク」と清水誠顧問が全面監修した最新の「コンセプトダイアグラム」にもとづいた事業分析をDay1講座受講前に準備をお願いします。
  • それぞれ事業分析を学ぶか、「コンセプトーワーク」「コンセプトダイアグラム」の修了でそれぞれの事前課題が免除となります。
  • 講座では、事前課題に関して、講師と他の受講者の意見を聞きながら行うワークショップ形式で事業分析をより深めていただきます。
  • 事前課題はDay1(1日目)開催3営業日前までに担当講師へご提出ください。

 

3.Day1(1日目)講座開催

Day1受講当日は筆記用具、電卓、事前課題をお持ちください。

4.中間課題の作成(採点対象)

Day1(1日目)受講後、中間課題(Webマーケティング計画書・ステップ定義・ウェブ改善提案・ウェブ解析設計指示書)を作成していただきます(Day2(2日目)に提出)

5.Day2(2日目)講座開催

Day2受講当日は筆記用具、電卓、中間課題をお持ちください。

6.在宅試験

主催者が提出したCBTアカウントを使い、オンラインでテストを受けます。

・テストで合格点を満たさないと、事前課題・中間課題再提出の上で再試験となります。
・試験はDay2後2週間以内に受験してください。

7.修了レポートの作成(採点対象)

  • Day2終了後から2週間以内で、実際にウェブ解析レポートを作っていただきます。
  • 本レポートは採点対象となります。

※レポート作成においては、Google アナリティクス、Adobe Anaytics、Piwik、ヒートマップツールなどを使ってレポートを作成します。

※ウェブ解析ツールの利用経験がない方は、上級ウェブ解析士認定講座受講前もしくは並行してウェブ解析ツールの学習か、上級レポーティング講座の修了をお願いします。

※上級ウェブ解析士認定講座内では、ウェブ解析ツールの操作方法に関する説明はありません。

※上級ウェブ解析士講座2日目受講後、2週間以内に上級レポーティング講座に申込した場合は修了レポート提出は免除となります。
但し、上級ウェブ解析士の認定はレポーティング講座受講後になります。

※上級ウェブ解析士講座の合否発表は2日目終了後から1か月後を予定しています。

8.合格後に認定証・認定カードを発送いたします。

上級ウェブ解析士の二日目(試験日)から約2か月後を目安に、上級ウェブ解析士講座の認定証・認定カードを発送いたします。

大まかなスケジュールは下記のようになります。

上級ウェブ解析士認定講座2日目を基準日とする。
・修了レポート提出期限:基準日の2週間後
・合否連絡:基準日の4週間後
・認定証・認定カードの発送:基準日の8週間後
上級講座開催スケジュール・お申込みはこちら

上級レポーティング講座(ツールトレーニング講座・別途申込み)

ウェブ解析ツールを利用した、レポート作成に特化した講座です。

  • APIを活用したレポートの自動化
  • データの整合性と施策の連携を強化
  • UX軸のウェブ解析を身につけ、事業の成果につながるレポート力を手に入れる
  • ユーザを理解し、クライアントを動かすレポート表現能力を身につける

※2017年よりAdobe AnalyticsなどGoogleアナリティクス以外の解析ツールも実装予定です。
※上級ウェブ解析士講座とは別途お申込みが必要です。
※講座は約5時間の内容となります。
※ウェブ解析ツールの基本的な操作に慣れている人が対象です。
※ウェブ解析士取得者ではなくても参加可能です。
※上級ウェブ解析士講座で2日目まで受講した後、2週間以内に上級Googleアナリティクスレポーティング講座に参加した場合は、上級ウェブ解析士講座の修了レポート提出は免除となります。
※受講費用は43,200円(税込)となります。
※ウェブ解析ツールの基本的な操作に不安がある方は、初級レポーティング講座もございます。
※上級レポーティング講座の開催については、下記のツールトレーニング講座開催日程をご参照ください。
ツールトレーニング講座開催日程

 

上級ウェブ解析士 資格維持について

上級ウェブ解析士として資格を維持するためには、毎年フォローアップ講座受講資格維持試験の合格が必要になります。

フォローアップ講座とは

  • 上級ウェブ解析士のカリキュラムの強化点・変更点をまとめた認定者向け講座です。
  • ウェブ解析士協会の正会員・法人会員が追加費用なし(無料)で閲覧できます。
  • 動画はオンラインで視聴できます。(URLは会員に直接連絡の予定)

資格維持試験とは

  • 上級ウェブ解析士が受験する資格を維持するためのテストです。
  • あらかじめ申請し、アカウントでログインしてパソコンで受験します。
  • 資格維持には毎年、資格維持試験の合格が必要です。

 

2016年以前の上級ウェブ解析士の特例措置

  • やむを得ない事情により資格維持条件を満たせないと協会が認めた場合は、半年間に限り資格の「一時失効」の扱いとなります。
  • 制度上、失効と同等のお取り扱いとなりますが、半年以内に資格維持条件を満たしていただくことで、協会の資格認定証明等は復活します。

※半年を超えた場合、一時失効からの上級ウェブ解析士としての復活の特例措置が適用できなくなりますのでご留意ください。
※ウェブ解析士としての資格認定は残ります。上級は再度受講・受験が必要となります。

ウェブ解析士協会支援プログラム

ウェブ解析士の会員向けにお得なプログラムがあります。
詳細は「ウェブ解析士協会支援プログラム」をご確認ください。

ITコーディネータ資格「専門スキル特別認定資格」

特定非営利活動法人ITコーディネータ協会(以下、ITコーディネータ協会)が運営するITコーディネータ資格の「専門スキル特別認定資格」となっています。

専門スキル特別認定制度は「マーケットに近い立場におられるITC関連他資格者の、ITCとしての前提となる専門分野の知識および経験を専門スキルとして認定し、ITC試験の一部免除の特典を受けることができる」制度です。

43番目の専門スキル特別認定として、上級ウェブ解析士かつ正会員が認定されました。

【認定の詳細】
1)ウェブ解析士3資格のうち、上級ウェブ解析士かつ正会員およびウェブ解析士マスターかつ正会員を専門スキル特別認定資格とする。
2)同資格制度の資格維持制度に基づき、同資格維持により実践力ポイントを付与する。
※資格取得・維持とも2015年4月よりポイント適用開始。
3)2014年度第2期(第31回試験)ITC試験より適用を開始する。
※ITコーディネータ資格「専門スキル特別認定資格」についてはこちら
上級講座開催スケジュール・お申込みはこちら

ご不明な点がありましたら、お気軽に お問合わせ ください。

 

  • ウェブ解析士って? 無料説明会開催中
  • よくある質問
  • bnr_high_appli
  • high_youbou_228x53
  • high_voice_228x53
上級トピックス
上級ウェブ解析士テキスト改訂の歴史
フォローアップ講座
(上級ウェブ解析士の認定後も、最新のカリキュラムを割安で受講できます)
上級ウェブ解析士一覧

 

Pocket